プライバシーポリシー

 1.個人情報の利用目的について
(1)参加者様への郵便物の発送および参加料の請求のために参加様の氏名、電話番号などの連絡先情報を利用します。
(2)参加者様に当団体が行う次回コンテストの開催のご案内等をするために、ご利用された履歴や、参加者様の氏名、e-mailアドレスなどの連絡先情報を利用します。
(3)不正な目的をもって当コンテストに参加する方をお断りするために、万一不正な目的での利用がなされたと判断した参加者様の氏名などの情報を公的機関に提供します。
2.個人情報の管理について
(1)個人情報保護法やガイドラインに従って必要な体制を整備します。
(2)個人情報の利用を業務上必要なスタッフだけに制限し、個人情報が含まれる媒体などの保管・管理などに関する規則を作り、個人情報保護のための予防措置を講じます。

3.第三者提供について
当コンテスト参加の際には、このプライバシーポリシーを理解のうえ、情報提供がなされることに同意のうえ、ご参加いただくことになります。
4.個人情報の開示、訂正等について
(1)当団体は、参加者様の同意がない限り、個人情報を第三者に開示することはありません。ただし、以下の事例に該当する場合はその限りではありません。
・法令に基づき裁判所や警察等の公的機関から要請があった場合
・法令に特別の規定がある場合
・参加者様や第三者の生命・身体・財産を損なうおそれがあり、本人の同意を得ることができない場合
・法令や当団体のご利用規約・注意事項に反する行動から、当団体の権利、財産またはサービスを保護または防禦する必要があり、本人の同意を得ることができない場合
(2)お客様から個人情報の開示要求があった場合は、本人であることが確認できた場合に限り開示します。
注):本人確認の方法
本人であることが証明できるもの(免許証、保険証など)の写しを、当団体宛にご郵送してください。内容を確認させていただき、本人であることが明確になり次第、開示させていただきます。
(3)当委員会は、参加者様ご本人からの自己情報の開示、訂正、削除等のお求めがあった場合は、確実に応じます。

プライバシーポリシー

下村由理恵バレエアンサンブル代表
表現力レクチャー講師
9歳でバレエを始め、1981年に最年少(当時15歳)でモスクワ国際バレエコンクール・ジュニア部門銀賞を受賞。1990年に文化庁在外研修員に選ばれイギリスのバーミンガム・ロイヤル・バレエ団での研修を経た後、1992年にスコティッシュ・バレエ団のプリンシパルとなりさまざまな作品で主役を踊る。日本へ帰国後はフリーランスのバレエダンサーとして舞台に立つかたわら、後進の指導育成などにあたっている。夫は同じくバレエダンサーの篠原聖一。